被災地にバスケットゴールを!byはまちゅう

追加ニュース 5/17up

はまちゅうさんが中心となり被災地にバスケットボールを送るそうです!!
私も第二弾には参加させて頂きます!!
以下、はまちゅうさんの記事からの抜粋です。

このたびの東日本大震災において、被災された皆さまへ心よりお見舞い申し上げるとともに、1日も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、ヘルニアでボランティアも何もできない役立たずな私は、ちょこちょこ義援金の寄付ができるぐらい。何かできることはないかなぁと日々模索しておりました。

そこに、東日本大震災で被害の大きかった陸前高田のとある中学校が壊滅状態で、小学校は避難場所となっており体育館は使えず、バスケの練習ができないのでぜひ支援を!とお声をかけていただいたので、個人的にバスケットゴールとボールを寄付させていただく事にしました。

バスケ馬鹿な私としてはこんな形で現地の方が喜んでいただけるのなら喜んで!

ということで、わざわざいいふらすことでもないのですが、ちょっと関連つぶやきしたところ、質問や支援の連絡をたくさんいただいたので記事にさせていただきました。

お話しをいただいた時は、送って迷惑にならないのかなとか、
もっと他に必要なモノを送る方がいいんじゃないかとも考えましたが、
岩手県バスケットボール協会の方をはじめ学校側、ボランティア団体「TSUNAGARI」その他バスケ仲間からもご賛同いただき、実行することに決めました。

現地の方と相談し、今のところ第1弾としての支援内容は
・ストリート用のバスケットゴール2機
・6号ボール10個ほど
・うちにあるスラムダンク1~24全巻。w
・その他必要とされるバスケ用品
・その他必要とされる支援物資

場所は陸前高田市立 広田小学校

広田中学校が壊滅状態で現在小学校で授業など行っているそうです。

ボランティア団体「TSUNAGARI」さんにトラックを出していただけることになってます。

TSUNAGARI

本日、打ち合わせしてきまして、候補日は 5/6~10 で、仙台からトラックで向かいます。

ゴールとボールを持って行って、はいさよなら~じゃ寂しすぎるので
現地のミニバスの子どもたちや、バスケ好きの大人の方々にも集まっていただいて、一緒にゴールを組み立て、一緒にバスケをして、一緒に楽しんで、「繋がり」「絆」ができ、たくさんの笑顔が生まれればと思っております。
そして、その模様をレポして、第2弾、3弾と他の学校にも継続支援できればと考えてます。

既にたくさんの方から、バッシュ、ボールあるよ~とか、お声がけいただいてますが
その他、必要なものがないか現地に確認中ですで、マッチするモノがあればこちらからお声がけさせていただきます。情報いただけましたら幸いです!。
バスケ関係者、そうでない方もよろしくお願いいたします。

日本代表選手とかJBLとかbjリーグの選手来てくれないかなぁ。
と考えつつ、可能な限りお声がけさせていただきたいと思いますので、関係選手の方はぜひ一緒にバスケして、子どもたち、いや現地のバスケットマン、バスケットガールを元気づけに行きましょう!。プロの方が来てくれれば笑顔倍増間違いなし!

ありがたいことに、とある芸人さんやメディアからもお声がけいただいてます。
都合がつく方、または紹介していただける方はぜひ連絡ください。w

なお、HOOP HOPE NIPPONと言う岩手を中心としたバスケ応援支援サイトが既にあり、主に岩手の高校を中心に支援されているようなので、こちらもぜひチェックしてください。

HOOP HOPE NIPPON

追加ニュース 5/17up

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です